投稿者 gradefuji | 2007年11月28日

高山特別・徹底展望1

毎年、gradefujiHPG的には有馬記念以上の重要レースと位置付けている(笑)、冬の中京での「高山特別」。
とはいえ、フルゲート必至の500万条件ということもあって、過去3年は満足のいく結果が出てませんがww
しかし、昨年の勝ち馬アラタマサモンズは今年の小倉記念で3着。ある意味見逃せないレースとなっている(?)。
今年も当サイトでは、高山特別を徹底展望していきます。つまんない方、ごめんなさい…という事で、ひとつ。

●12月1日・3回中京1日12R 高山特別(3歳以上500万下・(混合)・定量・芝2000m)

有力馬紹介なをやろうかと思ったが、登録が41頭。予想はしてたものの これではちょっと無理があるので、
過去10年の中から、牝馬限定での施行を含めて芝1800~2000mで行われた8回を見てのデータを分析してみたい。

※03年はダート1700m、97・98・00~02年は芝1800m、98・01・02年は牝馬限定で施行。99年は施行なし

・1番人気の信頼度は非常に高い…3勝2着4回と、ほぼ完璧な成績。唯一着順掲示板にも載れなかったのは、
 04年のマイネルマグナート。この年は、個人的にこの馬から3連単160点ほど(合計2万円)買って負けましたw
 1番人気に限らず、人気上位に推される馬は好走率が高め。全く穴馬が来ないわけではないが…。

・穴を狙うなら3着で…昨年は16番人気のラブアクチュアリーが3着に突っ込んできて、3連単が16万になった。
 ここまで極端ではないにしろ、1・2着が4番人気以内且つ3着に6番人気以下が3回(うち2回は10番人気以下)ある。

・4角での位置取り…開幕週だったり3週目だったりで 芝の状態もまちまちではあるが、小回りの中京、しかも
 ダートのときも含めて、全て16頭以上(うち1回は出走取消があり15頭)ということもあり、連対馬16頭中15頭が
 4角9番手以内。唯一の例外が やはり04年のメイショウアカシ(15番手から1着)。04年は度外視するべき?
 但し、4角3番手以内から勝ったのは昨年のアラタマサモンズ含め2頭。一番有利なのは好位差しの馬だろう。

・勝ち馬は前走3着以内…8階の勝ち馬の前走を見ると、7頭が前走3着以内。唯一の例外は98年のテンザンキラリ。
 それでも5着で着順掲示板は守っていた。この8頭の前走のコース・距離はバラバラだが、最近は福島を経由した
 馬が割と強い模様。3回福島・芝1800~2000mの3歳以上500万下を改めてチェックしてみるといいかもしれない。

あまり時間も無いのでこの程度のデータしか集められませんでしたが、明日も引き続き調べてみたいと思います。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。