投稿者 gradefuji | 2007年3月9日

2文字はインパクトあり

競馬の話題です。というか競馬予想コーナーの更新作業の真っ最中である上に、
今日は gradefujiHPGのmixiコミュに誰か入ってやってください(切実)!! っていう宣伝を
するつもりだったんですが、どうしても書きたくなっちゃったので、ひとつ。
 
明日の中山10R・アネモネSに出走予定のタケデンヴィーナス。どうせ人気もないと
思われますが、JRA-VANの出馬表を見て初めて気がついた。母の名前が "モエ" (笑)。
先週の弥生賞にも出てきた "モチ" は「粘度代表馬」って横断幕も強烈なイメージを残しましたね。
かつては "ロロ" "マハ" "ナゾ" などなどいましたが、とにかく目を引くんですよ2文字の馬名って。
意味のあるものから単に語呂が面白いものまでいろいろありますが、たまに馬券を度外視して
こういうのを見てみると、何となく気持ちが和らぐのは僕だけでしょうか…?
 
ちなみに "モエ" 号は1992年生まれ。恐らく馬名を付けられたのは94~95年でしょう。
アキバ系なんて言葉が全世界回っても見つからない時代から "萌え" とは…(何か違うかもw)。
ただ、未出走のまま現役登録を抹消されてしまっていた事を書き加えておきましょう。
 
ここからは余談ですが、JRA-VANのデータベースで、"モエ" を含む馬名を持つ馬は全部で91頭。
中には "キョウワモエ(2001年生まれ)" なんていう露骨な馬名の馬もいました。
本来(?)の "モエ" の意味で使われた例は "モエロ" "モエロキアイダ" ってのがいますね。
でもこの91頭のうち、代表馬を挙げるなら迷わず "エリモエクセル" でしょう。
エリ "モエ" クセル…えり "モエ" くせる…エリ "萌え" クセル……(しつこいわw)。
こんな傾向は、"エリモ" "コスモ" "タマモ" "ヤクモ" を冠に持つ馬に見受けられました。
(追記)あとは "モエレ" っていう冠がありました(代表馬:モエレエスポワール)。
 
 
どんどん日記ページと言うには語弊がある内容になってきましたが、それはそれってことで(何がw)。

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。