投稿者 gradefuji | 2007年2月15日

それでも身体は覚えている

アイマスのネタを書いても わかる人しかわからないので普通の話題も。
 
何人かの人にはお話した事がありますが、自分の仕事は 言ってみれば実験みたいな事をやるんですよ。
その中で、環境(気温・湿度)をいじったところに入る事もあるわけでして。
機械を扱う仕事なんですが、その仕様ギリギリである "気温15℃・湿度10%"、あるいは
"気温30度・湿度80%" という設定にされた部屋に篭って作業をすることもあるんですね。
 
前者(低温低湿)の方は、まぁこの時期なら 外よりマシな場合もあるのでいいでしょう(今年は暖冬だけど)。
昨日まで入ってましたけど、喉さえ気をつければどうってことはありません。
話の流れからして、今日は後者(高温高湿)の方だった訳ですが、会社内でもいろいろあって
この環境に入るのは2~3ヶ月ぶりくらいでした。
 
それでも身体はちゃんと覚えてるもんですね。午前中こそ汗をかいて、部屋の外に出ると
暖房が入ってるにもかかわらず寒気ばかりがして「上着着ないとマジで風邪ひく…」って思ったものですが、
昼からは普通に外(建物の外ね)に半袖のシャツ一枚で出ても抵抗なくなりましたし。
晴れてはいましたけど、風が結構強かったですから 実は寒く感じるものです。でもその風が
「あ、ちょうどいい感じに涼しいな」なんて思えるようにまで感覚が変われば問題はありません(笑)。
 
もっとも、作業の方は機械のトラブル連発&不快指数が高い場所ですからイライラしまくりでしたけど (^^;
こんなところなんてずっと居たいもんじゃないけど 予定が少し遅れる事になっちゃったし…。
ま、頑張って働きますよ。借金埋めないといけないからね~(えー?)ww
広告

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。