投稿者 gradefuji | 2005年5月18日

今こそBSデジタルに目を向けては?

というかそろそろ「BSデジタル批評」ばかりになってきたのでこの状況を打破しないといけないな…。

さて、今日の新聞にも掲載されていたのでご存知の方も多いでしょう。親が子供に見せたくない番組トップ3が「ロンハー」「水10!」「しんちゃん」だというニュースです。当然ながらこの3つのいずれも僕は観ていません。敢えて言うなら「しんちゃん」は昔観てたくらいかな…。

ちなみに(これこそ当然のことか)親が子供に見せたくない番組と見せたい番組のトップ10は全て地上波の番組。ご飯食べる時間くらいしか地上波を観ない僕に言わせれば「こんな調査なんて意味ないような気もする…」と思いざるを得ません。

 

そこで今回は先ほど挙げた「見せたくない番組トップ3」と同じ時間に放送しているBSデジタル番組を取り上げてみましょう。まず第1位のこれから。

  • 「ロンドンハーツ(テレビ朝日系=メーテレ・火曜21:00~21:54)」

実は火曜日はこの時間BSデジタルをあまり観てない(笑)。でも「ズバリ言うわよ!」でもいいんじゃない?で終わってしまってはこの記事が成立しないので(笑)頑張って書きます。すると…ありましたよ。BSフジ「欧州鉄道の旅」。しかもこの番組、BSフジの「青少年に観てほしい番組」となっています。この記事のテーマにぴったりじゃん(笑)。しかも「ロンハー」がすっぽりおさまる放送枠(21:00~21:55)なのでちょうどいいです。再放送枠もあるのでお試しでチェックしてから観てみるのがいいでしょう。

これは時間が早いのですが、JFN2「サウンドマガジン カレッジモーション(毎日20:00~22:00)」。内容が月替えの番組で大学生が中心となって製作している番組です。「学校へ行こう!MAX」という強敵がいますがこちらは毎日ありますし(笑)。

 

次は第2位の番組。

  • 「水10!(フジテレビ系=東海テレビ・水曜22:00~22:54)」

これは簡単です。NIKKEI301「ヘルシーメルシー☆」、BSQR489「eXtendedMusic」、メガポート「クイズ Aからの挑戦状」。この3つで十分と言ってもいいでしょう。特に2つめはBSフジ(ラジオ)の番組。同じ系列の局の番組でもこれだけ違うという実感(?)をしつつ楽しむという手もアリです。

正統派で攻めるなら、NHK h「名作平積み大作戦」、BS-i「中国大紀行」なんてのもあります。共にリピートありです。早速今夜見せてあげてください(笑)。ただ、小学生くらいの子にはやや難しい内容かも知れないのが難ですね。

 

最後ですがこれが結構厄介です。

  • 「クレヨンしんちゃん(テレビ朝日系=メーテレ・金曜19:30~19:54)」

アニメなんだし別に…とも思えるのですがこうなってる以上仕方ありません。当サイトのオススメ番組はNIKKEI300「アジアTODAY」と知求チャンネル「ゲームでGO」ですが、後者はまた時間が変わる可能性があるということで微妙です。前者はデータ放送(NIKKEI300は現在「マーケットボード」を終日放送)を無視すれば十分いい番組だと思います。

テレビ番組ならBSフジ「ガチャガチャポン!」。おなじみのガチャピン・ムックらが出てくるのでちょうど子供にはいい番組。しかも番組概要を見ると "「声に出して読みたい日本語」の著者、斎藤孝先生監修" となっております。こりゃ「明日のレース分析(グリーンチャンネル。唯一スカパー!で契約しているチャンネル)」なんてのんきに見ているわけにはいきませんな。早速あさって(笑)チェックします。同じく子供向けならBS日テレの帯番組「Kidsビーンズ」も見逃せません。

今回は放送時間などデータの揃っているテレビ番組を多く取り上げましたが、もちろんラジオ・データも注目です。サイトの方のお問い合わせから個人的にメールをいただければぜひお話したいと思いますのでお気軽にどうぞ。さて、次書くときにはエンタテインメント関連のカテゴリを作りたいな…。という訳でお楽しみに。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。