投稿者 gradefuji | 2005年1月29日

テレビを買うときは…

このカテゴリ「ブロードキャスト~勝手にBSデジタル批評」では、自称 "BSデジタル放送のことなら俺に任せろ!" を言い張っている私が、実際に視聴した番組やその時々の話題を紹介していきたいと思います。たまに「特別編」とか言って地上波やCSの番組のネタを書くこともありますが、それについてはご愛嬌ということで。

さて第1回ですが、番組の批評とか感想というのは次からにして、ハイビジョンテレビを選ぶコツというのを考えてみました。ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、地上デジタル・BSデジタルの大きな特徴は高画質・高音質・データ放送…などというのが挙げられます。僕は残念ながらハイビジョンテレビを持っていないので、家電店に足を運ぶ機会があるたびに、テレビコーナーに行って番組を観る…ということが多いです。

そんな僕ですから、テレビを買えるようになったときにはこんなのが欲しい…というものを持っています。それを決めるためのポイントをちょっと紹介したいと思います。まず、画質にこだわる人は、絶対に37型以上を買ってください。22型とか26型のデジタルテレビも出回っていますが、ハッキリ言って画質はハイビジョンのそれに比べるとかなり劣ります。素人でもハッキリわかるので、機会があったら見比べてみてください。そして画質を比べるときにはハイビジョンアニメが一番わかりやすいでしょう。なぜかというと、風景映像やマラソンなどだとちょっと動いたときのデジタル特有のブロックノイズ気味の残像のほうが目立ってしまうからです。その分アニメは、CGやデジタルペインティングなどの技術が用いられているので、カメラで撮った映像よりも色合いや輪郭などがわかりやすいのです。ラジオやデータのデータ放送画面という手もありますが、クオリティで言えばテレビ番組の方が上です。しかし家電店がやってそうな時間に放送されているハイビジョンアニメが少ないのが難点です…。同じアニメでも、標準制作のアニメは標準画質に毛が生えた程度の画質なのでお勧めはしません。

長々となってしまいそうなのでもうひとつだけ挙げると、リモコンを必ず操作してみてください。最近のテレビは多機能化していて、何をしたいのかがわかってないと操作できません。チャンネルが変えれればそれでいいという考え方も聞かれますが、それにとどまらないのがデジタル放送です。新聞がなくても番組を調べることができたり、インターネットに接続しなくても最新のニュースが観れる…という利点があるのですからこれを使わない手はありません。4色の色ボタンの配置と押しやすさ、リモコン信号が届く範囲や条件などを考えて選ぶといいでしょう。

個人的には、Gガイドシステムは嫌いだから某ビ○ラは絶対に買わないとか、ベ○の最新モデルはフルダブルチューナー搭載だけど2画面のときにデータ放送が観れないから、それならD端子がたくさんあるテレビを買って外付けチューナーをあと2台くらい買う…というこだわりがありますが、その辺りは個人のニーズに合わせて考えればいいことなのでここでは深く取り上げません。あまり長々となっても途中で「や~めた」なんて言われてしまっては仕方ないのでここで止めますが、この意見が少しでも参考になれば幸いです。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。